2005年06月07日

モツ鍋

・・・食べに行ってきた。
場所は呉服町にある"もつ幸"。

前に恵比寿の"蟻月"というもつ鍋屋で、水炊き風のもつ鍋を食べたことがあったけど、ポン酢で食べているともつ鍋を食べている気がしなくてあまり楽しくなかった。
あっさりしているもつ鍋を食べたい人向けのメニューだと思う。

で、話戻って"もつ幸"。
ここも鶏だしにポン酢で食べる水炊き風もつ鍋。
ところがこの鍋、蟻月とまったく違っていた。
だしがしっかりとした鶏スープで、そこにシンプルにもつ鍋の具が入っている。
ひとつ違うのは、餃子の皮が乗っている事。でもこれがまたうまいのだ。
ポン酢もあっさりというよりはしっかりした味で、かなり甘め。
「もつ鍋ってこんなだっけ?」という思いと、「これがもつ鍋よね!」という思いに翻弄されながら食べまくった。
人数が少なくてちゃんぽんにはたどり着けなかったけれど、代わりに餃子を入れて鍋のシメに。これがまた、具になんともいえないおこげの良い香りが香ばしくて、ばくばく食べてしまう。
もつ幸のちゃんぽんは、汁がなくなるまで煮詰めてこれでもかとゴマを入れて食べるのだとか。
次に行くのが楽しみでしかたない。
posted by Nigi at 13:05| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4189339

この記事へのトラックバック

もつ鍋 -博多の郷土料理-
Excerpt: 冬はもつ鍋が一段とおいしくなる季節です。そんなもつ鍋のことをみんなで楽しむ前にちょっとだけ知っておきましょう
Weblog: noncolle
Tracked: 2007-10-11 11:30